徳永英明が「もやもや病」で手術!「もやもや病」ってどんな病気?

徳永英明さんが

もやもや病という病気で

手術をされました。

 

しかも再発ということで心配ですね。

 

この「もやもや病」という病気ですが

正直なところ聞きなれない方がほとんど

なのではないでしょうか。

 

「もやもや病」という病気が

どんな病気なのか

調べてみました。

スポンサーリンク

徳永英明さんが「もやもや病」で手術

ALL TIME BEST Presence(初回限定盤)(DVD付)
ALL TIME BEST Presence(初回限定盤)(DVD付)

歌手の徳永英明さんが

「もやもや」病の手術を

2月22日に受けていたことがわかりました。

 

脳梗塞を併発する恐れがあるため

それを回避するための

バイパス手術とのことです。

 

前回は2年間休養されただけに

今回も長期休養されるのか

心配でしたが今回は

3月いっぱい休養し、

4月には復帰されるそうです。

 

「もやもや病」ってどんな病気?

08151cb007888fee2b176dc8095e3b0d_s

脳底部(体に一番近い部分)に

異常血管網がみられる脳血管障害です。

 

何らかの原因により

脳に栄養を送る太い動脈が詰まってしまい、

それによって栄養が行き渡らなくなってしまった

血液を補うために、

周囲から細い血管が発達してくる病気だそうです。

 

脳の血管を撮影すると

発達した血管が「もやもや」した

煙の様に見えることから、

「もやもや病」の名前がつけられたそうです。

 

もやもや病は日本で

発見された病気だそうです

そのため、世界でも”moyamoya disease”と

呼ばれています。

 

家族性の発症が 10-20%にあるそうです。

遺伝での発症が認められるということです。

 

男女比は 1:2.5 で

女性の方が多く発症するようです。

 

有病率は最近の検討では 10万人に対して

3-10.5 人 とされているそうです。

 

症状は大人と子供で違う?

頭痛

もやもや病はやや女性に多く、

年齢として5~10歳と

30~50歳をピークとする2つの

年齢層に多いことが知られています。

 

大人では脳内出血、脳室内出血、

くも膜下出血などによって

発症するのが一般的だそうです。

 

しかし、徳永英明さんは

こちらに当てはまりません。

 

子供の場合には

繰り返す頭痛、失神発作、脱力発作、

けいれん発作などの症状があるそうです。

 

もやもや病の原因はわかっていない

現在の医学でも”もやもや病”の原因を

解明することは出来ていません。

 

体の免疫の異常や血管の炎症などが

考えられてきましたが、未だに確定は

できていないそうです。

 

家族発症は全体の10 %程度で、

遺伝的におこりやすいそうです。

スポンサーリンク

もやもや病の治療法

もやもや病の根本的な

治療法はなく、

予防法などもなく、

病状に対処していくような

方法しかないそうです。

 

 

治療は脳虚血、脳梗塞などの

別の脳の病気の

進展を防止、あるいはその進行を

少しでも遅らせるようにすることと

さらに頭蓋内出血の発生を少しでも

減少させることだそうです。

 

【まとめ】

「もやもや病」は

難しい病気ですね。

 

根本的な治療法はなく、

かかってしまうと、

病気と付き合い向かい合っていくしかないようです。

 

徳永英明さんは

手術後順調だそうです。

 

一日も早く体調が戻り

元気な姿を

見せてくれることを願っています。

 

【他のおすすめ記事】

花粉症と風邪の見分け方。どこでわかるの?症状の違いを調べてみました。
花粉症対策!実は髪型が重要らしいって知ってますか?
花粉症の季節です。花粉症対策グッズをランキングでご紹介します。
花粉症の対策に効果的と言われている食品を調べてみました

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ