NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」のモデル「暮しの手帖」創業者・大橋鎮子とは?

2016年4月スタートのNHK朝ドラ

「トト姉ちゃん」今から話題になってますね。

 

「あさが来た」の人気を受けて

次回朝ドラも盛り上がること

間違いなしです。

 

主人公のモデル

「大橋鎮子」さんてどんな人なんでしょうか

気になりますよね。

 

予習の意味も含めて

ご紹介させていただきます。

↓他の「とと姉ちゃん」関連記事はこちら
NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』が気になる新キャストを発表!
NHK朝ドラ次回作「とと姉ちゃん」ってどんなドラマになるの?

スポンサーリンク

「とと姉ちゃん」モデル「大橋鎮子」さん どんな人?

しずこさん 「暮しの手帖」を創った大橋鎭子 (暮しの手帖 別冊)
しずこさん 「暮しの手帖」を創った大橋鎭子 (暮しの手帖 別冊)

名前    : 大橋鎮子
生没年月日 : 1920年3月10日ー2013年3月23日(93歳)
出身地   : 東京都
学歴    :  東京府立第六高等女学校(現:東京都立三田高等学校) 1937年卒
日本女子大学 1940年入学・1年で中退

最終学歴は高等女学校を卒業されています。

その3年後1940年に

「日本女子大学」に入学されますが

1年で肺結核のため

中退されています。

 

肺結核は

「とと姉ちゃん」のタイトルの

由来にもなっている

12歳の頃に父親(とと)を亡くし

母親と妹二人を養っていくのですが

その亡くなった

父親(とと)と同じ病気で

この当時は命を落としかねない

大変な病気でした。

 

「日本女子大学」ですが、

「あさが来た」のヒロインのモデルになった

広岡浅子さんが創設した学校です。

 

中退してしまったことは

残念ですが、

意外なつながりですね。

 

女学校卒業後3年空白期間がありますが

その間は日本興業銀行調査課に

勤務さていたそうです。

 

優秀な女性だったことがわかります。

 

その後は

大学中退後は静養をはさみ

日本読売新聞に入社

戦後になってから

日本読売新聞で

カットの仕事をしていた

その後のドラマの鍵を握る

“花森安治”と知り合います。

その後の年表です

1946年、大橋さんが 25歳の時に
花森、妹の芳子とともに衣装研究所(1951年暮しの手帖社に社名変更)の 社長となり
雑誌『スタイルブック』を創刊する。
1948年、花森編集長と共に 『美しい暮しの手帖(後に暮しの手帖)』を創刊
1969年  エッセイ『すてきなあなたに』を同誌に連載
1978年 花森さんが亡くなり、 編集長になる
1994年  第10回東京都文化賞受賞
2004年 社長を譲り 社主になる
2013年3月23日午前8時37分肺炎のため死去。

この年表を見ると

25歳の若さで出版社を創業し、

雑誌を創刊されています。

 

「あさが来た」のヒロイン「広岡浅子」さんにも

負けないキャリアウーマン

だったのではないでしょうか

 

2004年に社長を

譲ってからも90歳ぐらいまでは

会社に出勤されていたそうです。

 

12歳から家族では父親代わり

90歳まで仕事は現役とは

本当ぬパワフルな女性だったことが

わかります。

スポンサーリンク

暮らしの手帖ってどんな雑誌?

暮しの手帖

現在でも発売され続けている

暮らしの手帖ですが、

どんな雑誌でしょうか。

 

本屋で見かけたことは

あっても、

購入したことがある方は

限られるのではないでしょいか。

 

特に男性だと

ほとんど手に取ることはないかもしれません。

「暮らしの手帖」は

その名のとおり

家庭向け生活総合雑誌だそうです。

 

隔月刊2ヶ月に一度

発行されています。

 

値段は現在1000円前後です。

【まとめ】

次回NHK朝ドラ、

「とと姉ちゃん」今から楽しみですね。

 

「あさが来た」の広岡浅子に

負けないパワフルなヒロインが主人公です。

 

ヒロイン役の高畑充希さんが

どんなヒロイン像を演じてくれるのか

とても楽しみです。

【他のおすすめ記事】
NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』が気になる新キャストを発表!
NHK朝ドラ次回作「とと姉ちゃん」ってどんなドラマになるの?
R−1グランプリ2016準決勝進出者決定!決勝進出者予想してみました。
ディーン・フジオカってどんな人?朝ドラ五代友厚役の人気がすごすぎる

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ