コーヒー美味しいですよね。カフェインの持続時間。得する効果的な飲み方教えます

コーヒー等カフェインを含んだ、飲み物好きな方

多いですよね。

コーヒー

カフェインは、

コーヒーや紅茶をはじめ、

緑茶やウーロン茶、コーラ、最近ではレッドブルなどの

エナジードリンクにも含まれています。

 

どれも、皆様気軽に手に取って飲まれているかと

思います。

•カフェイン含有量

玉露(一杯)…180mg

コーヒー(ドリップ、一杯)…100mg

コーヒー(インスタント、一杯)…65mg

ココア(一杯)…50mg

栄養ドリンク(一本)…50mg

抹茶(一杯)…45mg

コーラ(一本)…35mg

紅茶(一杯)…30mg

緑茶(一杯)…30mg

 

カフェインと言えばコーヒーという

イメージですが、玉露にはコーヒーの

2倍近くのカフェインが含まれています。

まずは「無水カフェイン」と「通常のカフェイン」に

ついてご紹介します。

スポンサーリンク

【「無水カフェイン」と「通常のカフェイン」どう違うの?】

 

無水カフェインというのは、身近なものですと、

総合感冒薬・栄養ドリンクに含まれています。

 

無水カフェインとは、人工的に抽出したもので

不純物を含んでいない物のことです。

 

無水カフェインとカフェインは基本的に同様の作用をします。

無水カフェインは、人為的に作用を期待して、

カフェインを足す場合に使われます。

 

化学式で見ると、無水カフェインは「C8H10N4O2」で、

通常のカフェインは「C8H10N4O2」 と『H2O』がくっついたものです。

こちらがコーヒーなどの飲料に元々含まれているカフェインです。

 

【カフェインの効果とは?】

 

  • 眠気覚まし

眠気

カフェインの効果で、大脳皮質を刺激して

眠気を感じにくくする作用があります。

 

また、カフェインには、脳内の睡眠物質である

「アデノシン」が作用するのを妨害して、

眠気を和らげる作用があります。

 

さらに、脳内の「報酬系」といわれる箇所にも働きかけ、

気分を多少高揚させた状態にして覚醒レベルを

引き上げる作用もあります。

 

以上のような作用によって眠気が覚めるいうことです

 

 

  • 疲労回復

カフェインは脳の働きを活性化して、

覚醒レベルを引き上げ脳の大脳の精神機能を高めるので↓↓

  • 知能活動や感覚を鋭くする
  • 疲労解消する
  • 集中力を高める

以上のような作用があるとされています。

 

  • 鎮痛作用

カフェインの摂取により、脳血管の収縮作用がおこり、

頭痛などの鎮痛に効果が期待できます。

 

カフェインが切れてくると、

脳血管の収縮作用はなくなりますので、

脳血管は拡張して頭痛が発生します。

 

長期間カフェインを摂取していて、

いきなり止めた場合には

頭痛が酷くなることがあるので注意して下さい!

また、カフェインには、

他の頭痛薬の鎮痛効果を助ける働きもあります。

他にも、カフェインには「利尿作用」や

「脳細動脈収縮作用」などもあります。

スポンサーリンク

【カフェインの効果の持続時間は?】

効果

 

カフェインを摂取すると、一部は「胃」で

残り大部分は「小腸」で吸収されます。

吸収速度は口から服用後45分後には、

ほぼ100%が吸収されます。

 

カフェインを摂取してから、血中濃度が

最大になる時間は、条件次第ですが、

30分~60分程度かかるとされます。

 

アイスコーヒーの場合ですと、

小腸の粘膜の毛細血管が収縮するため

胃の運動も低下し、1時間後にやっと

血中濃度が最大値に達すると言われています。

 

また、ホットコーヒーの場合ですと、

飲んでから30分~1時間で血中濃度が最大値になります。

飲み方によっても、カフェインの効果が

表れる時間が変わるというワケです。

 

カフェインや薬の血中濃度が、

最高値の半分になる時間を「半減期」と呼びます。

健康な人のカフェイン半減期は4~6時間とされています。
なので、おおよそですが、

カフェインが持続する時間は「4~6時間」と

考えることが出来ます。

他にも、注意点があります。

 

それは、年齢や肝機能の能力によって、

カフェインの血中濃度の半減期も変わることがあります。

  • 普段カフェインを摂取しない人は効果が敏感に出る。
  • 女性は男性よりカフェインの代謝がはやい。
  • タバコをすう人の方がすわない人と比べて

2倍ほど早くカフェインを代謝できる。

  • アジア人はカフェインの代謝速度が遅い。

 

以上の事が分かっています。

 

【まとめ】

 

日常的にカフェインを摂取していると

摂取量が多くなりがちですが、

効果を理解して

過剰摂取にならないよう

うまくカフェインとつきあって

行きましょう。

【他のおすすめ記事】
コーヒーや紅茶などに含まれるカフェイン 含有量をまとめてみました。
バレンタインのチョコの渡し方!サプライズでお願いします【7選】
日中の急な眠気の解消方法!眠くなってしまったら試してみてください
チョコ好き必見!東京にあるお洒落で美味しいショコラ専門店まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ