花粉症と風邪の見分け方。どこでわかるの?症状の違いを調べてみました。

春と秋には多くの花粉が飛んでいますが

この症状

花粉症や風邪なしどちらなの…? ?

わからないことってありませんか?

 

筆者も花粉症歴数十年のベテランです。

 

特に春はひどいですね。

「くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、のどのかゆみ。」

などの症状があります。

 

そのおかげで春を楽しめません

 

花粉症や風邪症状の違いは、

どのようなものなのでしょうか。

 

自分のためにも

調べてみました。

スポンサーリンク

花粉症と風邪の違いは?

これらの症状にはっきりと

違いがあるので参照してください!

●症状とのはっきり違い

【目のかゆみ】

ea699a6e16996cc08044af9e8e761dbc_m

風邪だと特に目が痒くなるようなことは

ありません。

 

花粉症だと、

花粉が付着すると目が痒くなります。

 

目についてしまった花粉を外へ出そうと

体の免疫機能が過剰に

アレルギー反応をおこして、

涙や、ひどい痒みを引き起こします。

 

その時目を小杉すぎたりして

結膜や角膜に傷ができると

症状はさらに悪化してしまいます

 

【咳】

2566b6db20dd07449928328e756ccbca_m

風邪のが一般的な症状です。

 

花粉症では喉に違和感が出ることがありますが

咳は特徴的な症状ではありません。

 

しかし、少数ですが花粉症でも

咳が多く出ることがあります。

 

原因は鼻水が喉の方に落ちてしまい

ここでも花粉を排除しようと

アレルギー反応が出て

咳の原因になることがあります。

 

【微熱】

風邪だと熱が出やすいですね。

 

花粉症だと高熱は

ほとんどでません。

微熱が出る方もいらっしゃいますが

それは少数派だと思います。

 

【頭痛】

こめかみ

風邪だとよく起こりますね。

 

花粉症だと代表的な症状では

ないかもしれません。

 

花粉症でも鼻が詰まって

酸素が脳に不足し、

頭痛が起こることがあります。

 

予防としては

とにかく鼻の通りをよくすれば

改善すると思います。

 

 

【悪寒】【嘔吐】【下痢】

風邪に起こる症状です。

 

花粉症ではほとんど

起こりません。

 

区別がつきにくい症状

ここからが区別がつきにくい症状です。

しかしそれぞれ特徴に違いがあります。

参考にして見てください!

 

【喉の痛み】

20cd476983ec22c07eb186882116e31f_m

こちらも

風邪と花粉症それぞれに

出やすい症状です。

 

風邪の場合は

唾液を飲み込んだ場合に

痛みが起こることがしばしばあります。

 

 

花粉症の場合は

唾液を飲み込んでも

特に痛みが出ることはありません。

 

また、喉が痒くなるような

症状が出ることがあります。

 

スポンサーリンク

【鼻水】

c65a3c674b5f1e97f835697251056aa5_m

風邪と花粉症とも出やすい症状です。

 

風邪の鼻水の場合は

色が黄色く粘度が高い場合が

多いです。

 

 

これは風邪の原因ウィルスや

そのウィルスと戦った

白血球の残骸が含まれているためです。

 

花粉症の鼻水は

無色透明でさらっとしていて

粘りがありません。

 

まっすぐ前を向いていると

垂れてくるような

鼻水です。

 

【鼻ずまり】

ea699a6e16996cc08044af9e8e761dbc_m

風邪、花粉症どちらも出やすい症状です。

 

鼻づまりに関しては

風邪よりも花粉症の方が

重症の場合が多いです。

 

 

花粉症の症状で

一番嫌になってしまう症状だと

思います。

 

 

いくら鼻をかんでも

花粉症の場合、

あまり改善されません。

 

一瞬、通ったとしても

すぐに詰まってしまいます。

 

 

【くしゃみ】

風邪、花粉症共に出る症状ですが

花粉症の方が重症です。

 

風邪の場合それほど

連続して出ることは

あまりありませんが

花粉症の場合

連続して止まらないほど

出ることがあります。

 

これは鼻に入ってきた

花粉に体の免疫機能が過剰に働き

アレルギー反応が起こり

止まらなくなってしまいます。

 

【花粉症の原因】

日本人の約25%が

花粉症というデータがあります。

 

特徴は花粉が飛んでいる

時期にだけ起こります。

 

花粉症を起こす花粉を

飛ばす植物が日本には約60種類あります。

 

思ったよりすごく多いのでは

ないでしょうか。

スギやヒノキぐらいしか知りませんでした。

 

春には

「ネズ、シラカンバ、ハンノキ、
オオバヤシャブシ、コナラ、など」

が花粉症の原因となります。

 

中でも、スギの花粉症だけで

苦しんでいる人は

人口の10%と言われています。

 

やはり「春」と「秋」に

花粉症は起こることが多いようです。

 

【まとめ】

いかがでしょうか。

 

参考にしていただいて

風邪か花粉症か

チェックしてみてください。

 

しかし、病院で花粉症か風邪か

最終的には

見てもらった方が確実です。

 

病院では、通常、血液検査をおこないます。

アレルギー反応を起こす物質や花粉などに対して、

陽性or陰性で判断が可能です。

 

【他のおすすめ記事】

花粉症対策。症状を和らげるのに必要な5つの対策法教えます
春のおすすめドライブデートスポット!お花見に行こう!【関東編】
風邪で鼻水が止まらない!?今すぐできる5つの対処法!
風邪の治し方!喉の痛みがある場合の5つの対処法!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ