節分にはなんで豆をまくの?豆で鬼を追い払えるの?調べてみました

「鬼は外!福は内!」

節分といえば

まずは豆まきですよね。

 

あなたも

一度は豆まきをしたことが

あるんじゃないでしょうか。

節分に豆をまく習慣を

疑問に思ったことありませんか?

 

2月3日に鬼がなんでやってくるのか

その鬼に立ち向かう武器が

豆ってちょっと

鬼は金棒を

持っているのですから

弱すぎませんか?

 

今回は節分に行われる

豆まきについて

由来を調べてみました。

節分になぜ豆まきをするの?

c8138f6f2e5a2581e0ea0fd4da2e1cda_s

2月3日の翌日が「立春」と呼ばれ

暦の上で春が始まる日と

されています。

 

お正月が「新春」と呼ばれるように

昔の人は

春が始まる日を1年の始まりと

考えていました。

 

節分は今でいう大晦日に

当たる日だったのです。

 

そんな季節の変わり目に

鬼は出やすいと言われ

病気や災害をもたらすと

考えられていました。

 

人間の力では

どうしようもない

病気や飢え、災害などは

全て鬼の仕業と考えていたのです。

 

そこで、新しい年を迎える前に

厄災をもたらす

鬼を退治して、

福を呼び込もうという願を込めて

厄除けの行事として定着しました。

 

 

鬼を退治するために

選ばれた武器が大豆でした。

なぜ大豆?

b62f2763c6c2cb10a303f6e05fad58b9_s

おなじみの大豆ですが、

なぜ鬼退治の武器に選べれたのでしょうか?

 

大豆は五穀(重要な作物を指す)の

一つとされ

穀物の霊が宿ると考えられ

古来からお米の次に神事に

用いられてきました。

 

お米よりも粒が大きく

鬼を追い払うのにぴったり点や

穀物の霊が

悪霊をやっつけてくれるということから、

節分の豆まきに用いられるように

なったようです。
また「豆」という言葉が

「魔を滅する」につながることから

厄払いにはうってつけと

言えるのではないでしょうか。

 

節分に限らず、

邪気を追い払うために

古くから豆まきは行われていました。

 

京都の鞍馬山(くらまやま)から

鬼が出て都を荒らしまわっていたところ、

炒(い)った豆をまいて

鬼の目をつぶし、

災厄を逃れたという故事伝説が

「豆まき」の始まりだと言われています。

 

一つだけ豆をまくときに注意点が

あります。

まく豆は必ず炒った

豆でなくてはなりません。

 

炒り豆でないといけないのは、

生の豆をまいて、

拾い忘れたものから

芽が出ると縁起が

悪いとされることからです。

 

しかし、安心してください

節分用に売られている

大豆は間違いなく炒り豆

ですのであまり気にしなくても

いいかもしれません。

年の数だけ豆を食べるのはなぜ?

一般的に新年の厄除けを願って

年の数だけだべれば

病気にかからず

健康でいられると言われています。

 

この「年の数」ですが、

満年齢で数えたり数え年だったり、

新年の祈願だから1つ多くカウントしたり、

など地方によってさまざまのようです。

 

子供の頃は大人はたくさん食べれて

いいなあと思ってましたが

大人になった今は

正直こんなに食べたくないと

思ってしまいます。

 

【まとめ】

節分で鬼を追い払うのに

豆をまくのは頼りないと

思っていましたが

ちゃんと意味があることがわかりました。

 

また、節分にまかれる豆には、

病気や災厄を退治してくれる

すごいパワーがあることもわかりました。

 

子供のころに戻ったつもりで

大きな声で「鬼は外、福は内!」

してみようと思います。

【他のおすすめ記事】
初詣での意味や由来知っていますか?お寺に行く?それとも神社に行く?
成人式で着る振袖、購入かレンタルかの悩み解決!相場を調べてみました
お正月の伝統的な遊び。それぞれの遊びに意味があるのを知っていますか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ