バレンタインデーにチョコを贈るのは日本だけ?由来を調べてみました

バレンタインデーって

モテる男の日にとっては

楽しい日ですよね。

 

「女性が意中の男性にチョコレートをあげる日」

ですよね。

 

最近ではチョコレートだけでなくても

何かプレゼントでもいいとか

「友チョコ」「逆チョコ」とか

いろいろあるみたいですね。

 

そもそもなんでチョコレートなのか?

なぜ女性が男性にチョコレートを

あげるのか?

バレンタインデーが

いったい何の日なのか?

 

わからないことだらけなので

調べてみました。

スポンサーリンク

そもそも「バレンタインデー」って何?

ec449542a0263b8fcdffb27bf0cc2366_s

「バレンタイン」とは?

バレンタインデー

正式名称は「セントバレンタインデー」だそうです

 

その名の通り

「聖バレンタインの日」ということです。

 

しかし「バレンタイン」が

なんなのかわかりませんよね。

 

「バレンタイン」がなんなのかというと

「バレンティヌス」という

遥か昔3世紀の

ローマでキリスト教の司祭を

やっていた方の名前です。

 

当時若者が戦争に

参加しないことに手を

焼いていた

ローマ教皇「クラウディウス2世」は

その原因が若者たちの

恋愛だと断定し、

結婚を禁止してしまいました。

 

しかしそれを哀れに思った司祭

「バレンティヌス」は、

密かに若者たちを結婚させていました。

 

それがばれてしまい

「クラウディウス2世」は起こりました。

 

当時近況だたキリスト教の

司祭にその罪を糾弾し、

ローマの宗教に

改宗させようとしたのですが、

「バレンティヌス」は

それを拒否しました。

 

投獄され、

ついには処刑されてしまいました。

 

バレンタインデーの由来

d5264369d92cd8f1ae5fc580fab1f674_m

バレンタインデーの由来には説が幾つかあります。

 

説その①

投獄されてしまった

「バレンティヌス」は

獄中でも、看守たちに

愛の大切さを説いていたそうです。

 

その中に目の見えない

女性がいて

「バレンティヌス」は

その女性と親しくなりました。

 

そしてある時、

なんと「バレンティヌス」の

祈りにより女性の目が見えるように

なったそうです。

 

感動した女性は

キリスト教に改宗しました。

 

それに怒った皇帝により

処刑されてしまうのですが

処刑の日に「バレンティヌス」は

その女性に想いを込めた

手紙を渡したのです。

 

その日が2月14日だったことから

その日は男性が女性に愛を

伝える日になったと言われています。

 

説その②

ローマではルペルクスという

豊穣の神のために

ベルカーリアという祭りが

何百年もの間行われていました。

 

なんとこのお祭りでは、

結婚前の女性の名前が書かれた紙を

男性がくじ引きをして、

当たった女性と当てた男性が

祭りの期間、長ければ1年間も

男女の仲になるんだそうです。

 

しかし、このふしだらな祭りを憂いた

強行ゲラシウス一世は

このくじ引きを禁止し、

新しい内容へと変えました。

 

その内容が

女性の代わりに聖人の名前を引かせ、

1年間お間その聖人の人生に

習った生き方をするというものでした。

 

この時の守護聖人とされたのが

この200年ほど前に

処刑された

「聖バレンティヌス」であったため

バレンティヌスのように

男性が女性に手紙や贈り物をする

習慣が根付いていったということです。

 

そしてこのお祭りが

行われていたのが2月14日でした。

 

他にも諸説ありますが

バレンティヌスが女性に手紙を

送ったのが由来になっていることは

間違いなさそうです。

 

しかし…。

男性が女性に?

スポンサーリンク

「バレンタインデー」は男性女性に愛を伝える日?

bef502d97bca77abb1cfae9fb32104d5_s

バレンタインデー、欧米では

というか日本以外では、

男性が女性に愛を伝える日なのです。

 

日本以外の国では

バレンティヌスに倣って

愛する人への

手紙やプレゼントに

「あなたのバレンタインより」と

メッセージをそえるのが

一般的だそうです。

 

なぜ、日本では

女性から男性に、

チョコレートを贈る日になったのでしょうか。

 

日本のバレンタインデー

の本のバレンタインデーの由来は

チョコレート業界が仕掛けた

キャンペーンが発端です。

 

いくつか説があります。

1936年の神戸モロゾフ製菓説、

1958年のメリーチョコレート説

1960年の森永製菓説

1965年の伊勢丹説

1968年のソニープラザ説などがあり

はっきりしません。

 

なんども仕掛けられた

バレンタインデーキャンペーンですが

実は当時は

チョコレートがメインでは

ありませんでした。

 

その当時は欧米のように

バレンタインデーは

想いを伝える日、とだけで

お菓子メーカーの

森永でさえ

「チョコレートを添えて贈り物をする」という

内容でした。

 

しかし、昭和50年代になると、

女子が男子に愛情を込めて

チョコレートを贈るという

独自の「日本型バレンタインデー」が

流行し始めました。

 

するとすぐに

日本中に定着し、

「バレンタインデーは女性が

男性にチョコレートを贈る日」になりました。

 

ホワイトデーも日本だけ

男性が女性に

バレンタインデーのお返しをする

「ホワイトデー」も

日本独自の文化です。

 

1977年に和菓子屋、石村萬盛どうは

バレンタインデーのお返しとして

マシュマロデーを開始しました。

 

その後ホワイトデーとして

日本では定着しています。

 

【まとめ】

バレンタインデーの由来

お分かりになったでしょうか。

 

もともとは男性から女性に

愛を伝える日だったのですね。

 

これからは男性から女性に

愛を伝えてもいいのではないでしょうか。

 

【他のおすすめ記事】
片思いの人必見!恋愛心理テストで好きな人との相性をチェック
クリスマスデート!誘い方、断られても気まずくならない方法教えます
職場恋愛で男性の脈あり、脈なしを見極める大事なポイント5つ!
男性からの好きサイン見逃していませんか?脈ありメールの内容5つ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ