おすすめコメディ映画!嫌なこと忘れて笑いましょう!【邦画編】

映画を見ようと

レンタルビデオ屋さんに行って

何を借りるか決めてなかった場合

悩んでしまうこと

ありますよね。

 

そんな時には

気楽に見れる

コメディがおすすめです。

 

とにかく笑えれば

ストーリーなどが

ちょっとあれでもゆるせて

しまいます。

 

でもせっかくですから

ちゃんと面白いものがいいですよね。

 

ご紹介させていただく

8本は間違いなく

面白い作品ばかりですので

ぜひ見てください。

スポンサーリンク

少年メリケンサック(2009)

少年メリケンサック スタンダード・エディション[DVD]

ロックファンなら特に笑えます。

佐藤浩市演じるアキオは、

パンクバンド

“少年メリケンサック”

の元リーダーだったが、

今は呑んだくれのダメ人間。

 

さらに昔のバンドメンバーを集めるが、

これがまた、

揃いも揃ってみんなポンコツ化していて笑わせます。

 

そんな彼らをなんとか

メジャーデビューさせようと

奮闘するディレクター役の宮崎あおいは、

普段は清楚な役柄が多いが、

この映画ではぶっとんだ一面を見せてくれます。

 

お互いヘタクソなくせに

ギターの取り合いをする大人気ないアキオと、

弟ハルオ(木村祐一)がおかしいし情けない。

 

子供のままの彼らの行動は

何ともあきれるくらいかっこ悪いです。

 

しかし彼らのパンク魂が

次第によみがえってくる後半では、

もう大ファンになってしまいますよ。

 

オヤジたちの夢があふれた作品です。

 

漫才ギャング(2011)

漫才ギャング スタンダード・エディション [DVD]

作品のテーマなど一切気にせず、

ただ笑いたい!

そんな映画が見たいなら、

絶対おススメしたい一本です。

 

ご心配なくもちろん

ストーリーもしっかりしていますし、

アクションシーンも

なかなかの出来栄えです。

 

だが何といっても

“笑い”に対する貪欲さがすさまじく

伝わってきます。

 

留置所でのトイレのシーンをはじめ、

品性など意に介さず隙あらば

どんどん笑いのネタを突っ込んでくる

映画です。

 

主演の佐藤隆太の漫才は、

芸人に転向してもやっていけるのでは、

と思わせるほどのクオリティです。

 

宮川大輔はお笑いが本職だけに、

演技しているのか

コントなのか迷ってしまうほど、

笑い、感心させられてしまいます。

 

品川ヒロシは監督としての

エネルギーがすごいですね。

 

ステキな金縛り(2011)

ステキな金縛り スタンダード・エディション [DVD]

三谷幸喜節120%炸裂の作品です。

主役は、“落ち武者幽霊”の

更科六兵衛役の西田敏行と、

落ちこぼれ弁護士・宝生役の深津絵里だが、

豪華な俳優陣もその役柄を生かして

徹底的に笑わせてくれます。

 

チョイ役でも唐沢寿明など

名優どころがちらほらと出演するなど、

見どころも満載です。

 

うれしいのは

「ザ・マジックアワー」のキャラクター、

村田大樹(佐藤浩市)が出てくるところ。

 

三谷作品はこういう

サービスがほんとに楽しいですね。

 

落ち武者ヘアーの生瀬勝久や、

陰陽師の市村正親もひたすらおかしいです。

 

そして大いに笑えて、

最後は心がほっとするところがありがたいですね。

主題歌の「ワンス・イン・ア・ブルームーン」も

とてもいい曲です。

深津絵里の唄がチャーミングです。

スポンサーリンク

ロボジー(2011)

ロボジー スタンダード・エディション [DVD]

すっかりおじいちゃん役のミッキー・カーチス、

いや五十嵐信次郎にハマってしまうと思います。

 

セリフ回しといい、

動きといい、この作品の主人公ロボである

「ニュー潮風」に感情移入できるのは、

まさに彼のおかげです。

 

おじいちゃんが着ぐるみショーの

オーディションを

受けに行ったくだりでの、

あの世代の思うロボットの

イメージで思わず爆笑です。

 

さらに大学生のロボット研究会が、

「なぜニュー潮風はすごい動きをするのか」と

勝手に自分たちの知識を披露していくあたり、

究極のまじめさってやっぱり笑えるんだな、

と思います。

 

ラストシーンの五十嵐信次郎の表情の演技には、

誰もがほろりとくるにちがいありません。

 

笑の大学(2004)

笑の大学 スペシャル・エディション [DVD]

戦時中、芝居の内容を調査する検閲官(役所広司)と

喜劇作家(稲垣吾郎)のおりなす

心温まるコメディです。

 

この作品の要となるのは、

やはり役所広司の演技の幅広さです。

 

普段シリアスな役が多い彼が、

実はコメディもしっかりハマるところがすごいですね。

 

向坂は一途な性格で、

このご時世に喜劇など

苦々しいとさえ思ってきます。

 

そんな向坂に無理難題の

注文をつけられていくうち、

椿の台本はどんどん面白くなってしまいます。

 

特に「ロミオとジュリエット」を

「貫一・お宮」に変えてしまうところは、

もう笑いが止まらない!

 

稲垣吾郎の飄々とした椿と、

役所広司の頑固一徹さの対比が可笑しすぎます。

 

鍵泥棒のメソッド(2012)

鍵泥棒のメソッド [DVD]

理屈抜きに面白いシチュエーションコメディです。

 

自分と他人の人生が突然入れ替わる、

でおっかで見たようなパターンですが、

この作品の場合、

片方は入れ替わったことを知っていて、

もう一方は記憶喪失でそのことを知らない、

というのがミソです。

 

「殺し屋のエリート」という、

非現実的な仕事をしている

香川照之扮するコンドウが、

自分が売れない役者

(しかも人間としてもダメダメ)だと

思い込み、

情けなさを嘆いていく部分が笑えます。

 

さらに金持ちの殺し屋になってしまった

堺雅人の方は、

環境が変わっても相変わらずのだめっぷりです。

 

この対比の構図のおもしろさは、

似たような他の作品を越えてずば抜けていると思います。

 

これは内田けんじ監督の手腕によるものでしょう。

 

女性編集長役の広末涼子がコンドウに

心惹かれていく展開も面白いです。

 

キツツキと雨(2012)

キツツキと雨 通常版 [DVD]

手元に置いて、

心が疲れたときにはまた観て見たくなる。

そんなあったかい映画っです。

 

役所広司は何を演じてもうまですが、

やっぱりコメディが一番ハマる。

山村で木こりをしている男(役所)と、

映画の撮影に訪れた新米監督(小栗旬)。

 

監督は「ゾンビ映画(B級)」を

撮りに来たのですが、

自分に自信が持てません。

 

木こりはなぜかその映画に

協力するはめになってしまいます。

 

笑いどころはいろいろありますが、

この映画全体の雰囲気がとてもいい感じです。

 

温泉で二人が会話するシーンや

将棋を打つシーン、

木陰で弁当を食べるシーンなど、

「あー、いいなあ」と思ってしまいます。

 

一番なのは、監督は木こりにいろいろと

世話になっているのですが、

さほど恩に感じている風もなく、

木こりのほうも自分が楽しんでいるだけ、

という空気感です。

 

そして撮影が終わると二人はまた別々に歩んでいきます。

 

ザ・マジックアワー(2008)

ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]

映画ってやっぱり夢のある世界だなあと思います。

売れない役者、

村田大樹はいつか大スターになることを夢見て

日々スタントやチョイ役で食いつないでいます。

 

クラブの支配人・備後は、

自分の命惜しさにそんな村田をだまし

(半分は村田本人の思い込み)

伝説の殺し屋・デラ富樫を演じさせる。

 

現実とは知らず、

くさい役作りで富樫を演じる村田ですが、

なぜかギャングのボス達の信頼を得てしまいます。

 

このあたりは三谷監督の脚本もさることながら、

村田役の佐藤浩市がおもしろすぎます。

 

撮影がウソだったことを知った

村田は怒って帰ろうとするが、

立ち寄った映画館のスクリーンには

夢のような映像が映し出されます。

 

村田が尊敬する高瀬の

「おれだってまだマジックアワーを

待ち続けているんだよ」のセリフこそ

この映画のメッセージなのではないでしょうか。

 

【まとめ】

外国のコメディ映画ももちろんいいのですが

日本のコメディ映画は

笑えてほっこりさせられるものが

多いですね。

 

見終わった後の

後味がいいものが

多いように思います。

 

皆さんもぜひ

日本のコメディ映画をごらんください

 

【他のおすすめ記事】
カップルで一緒に見たい心温まる切ない映画6選
レンタルで見よう!冬におすすめ体が熱くなるアクション映画5選
カップルにおすすめの映画【ホラー編10選】キャーキャーいいながら見よう!
カップルで見たい恋愛映画5選【邦画編】
カップルで見たいおすすめ恋愛映画5選【洋画編】

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ