葬儀で損をしない!ぼったくりに合わないための3つの心得

突然ですが

あなたは自分が死んだとします。

 

そして棺桶に入りますよね。

その棺桶の値段が100万円だったとします。

棺桶で100万円それはそれは

豪華な棺桶ですよね。

 

そこで問題です。

その100万円の棺桶の原価はいくらでしょう。

 

 

これからどんどん高齢化社会が

進みます。

 

そんな高齢化時代ということで

葬儀業者は成長産業として

注目を集めています。

 

そして注目されると

同時にトラブルも目立ち始めている

事実があります。

 

その多くは葬儀料金の

金銭問題です。

 

いわゆるボッタクリが広がっている

ようです。

スポンサーリンク

なぜ葬儀トラブルが後を絶たないのか?

df9ac5e781080ef92817f6f994025dee_s

日本の独特の風潮で

「死はタブー」という概念が

問題の根底にあるのでは

ないでしょうか。

 

家族の会話などで

おじいちゃんが

「わしはもうすぐ死ぬから遺言を書くぞ。

葬式も頼むぞ」などといったとします。

そうすると、お嫁さんなどが出てきて

「何を言ってるんですかお義父さん。

やめて下さいよそんな縁起でもないこと」と

一蹴してしまう。

 

一般の家庭は、

死=タブーという認識を

持ていることが多いのではないでしょうか。

 

そのため誰かが亡くなった時

始めて葬儀屋とかかわりを

持つと思います。

 

何もかもが初めてのため、

悪質なボッタクリに

あっという間に騙されてしまう

ということです。

 

死はタブーでもなんでもなくて

必ず誰でもやってきます。

 

葬儀トラブルに

巻き込まれないためにも

あらかじめの準備は

必要なものです。

 

葬儀でボッタクリにあわないための3つの対策

db075ddb8fcc9a4560a96d7667493534_m

 

① 葬儀にかかる費用について知識を深めておく

冒頭の話に戻りますが、

100万円の棺桶を注文するとします。

 

さぞ、素晴らしい棺桶で

あの世に送ったと

家族ともどもご満悦でしょう。

 

しかし、後に棺桶の原価を知ること

となると驚愕することでしょう。

 

その棺桶の原価は、約1割だったと。

つまり100万円の棺桶の元値は

10万円程度なのだ。

 

良心的なところであっても

原価の5割はしっかり取るそうです。

 

あの世に送られた側も知らなければ

成仏どころか、クレームをつけに

戻ってきそうな勢いですよね。

 

棺桶に続いてさらに負担はのしかかります。

遺影画像の引き伸ばし、

特殊加工に始まり、

お坊さんなどの宗教関係、

接待飲食費、親戚の宿泊費に、

葬儀関係者への心づけ・・・挙げれば切りがありません。

 

要するに、何も事前知識がないと

「そういうものか」と

葬儀業者の言いなり状態となってしまう訳です。

 

何事も知識は無駄にはなりません。

調べておきましょう。

 

スポンサーリンク

② 葬儀にかかる費用については、事前に見積もりを取る

62080f20ff826d8c9f6f1849c13dc083_s

人生には様々なイベントがあリますよね。

入学式、成人式、結婚式、

出産といったビッグイベントは

事前にしっかり準備するのに

葬式の準備だけはしていないという人は

上記で述べたように多いのです。

 

人は生まれた瞬間死に向かって

生きることを考えれば決して

無関係ではありません。

 

何より葬儀というのは

ドタバタしてしまうものです。

 

大切な人が亡くなり、

身も心も憔悴しきっている状態になりますよね。

葬儀価格の交渉など、

よほどの余裕が無いと

その場でのやり取りは難しいと思います。

 

そんな中、「これ300万のところをお得ですよ」と

200万プランを差し出されたら

100万も安いからと飛びつく遺族も多いといいます。

 

誰にでも1度訪れるイベントと捉え、

下調べしておき、素晴らしい

見送られ方をした、

されたという葬儀にしたいものですよね。

 

しかし残念なことに

土壇場を利用し、

見積もりを取っていても急に

予算外の事を言い出す悪徳な葬儀屋は存在するそうです。

 

万が一に備え、2~3か所で見積もりを出しておき

「別にあっちの葬儀屋もあるのでいいですよ」という

選べる状態がベストです。

 

地味婚、派手婚があるように、

いくらでもプランは選べるということです。

 

③ 日頃から家族との会話の中でも話し合っておく。

「終活」という言葉が、

ここ数年で話題を呼んでいますよね。

高齢化社会からあぶり出されたトラブルなどから、

事前策を取ろうと過去の事例から

導き出された先人の知恵です。

 

終活とは、自分の死にむけての

準備のようなものだといいます。

 

死は誰にでも平等にやってくるものだという認識を

家族間で共有することや、

もしもの時のために葬儀はどうするか。

遺言は残すのか。などを

真面目に話をしておくことは

決して悪いことではありません。

 

むしろ、土壇場で慌てふためかないための

準備だと思えば、本当に

良い葬儀に巡り合え、

親族との思い出話にも花が咲くことでしょう。

 

きっかけがあれば、

家族で「死」について話しあってもよいと思います。

 

また死を意識することで

親、配偶者、兄弟、恋人、子供などとの

時間に限りがあるという事も考えるようになります。

 

そうすると、おのずとその人たちとの、

一瞬一瞬の時間を大切にするようになり

お互いを想いやって生きていけるのではないでしょうか。

 

【まとめ】

葬儀の話など

家族でするのはなかなか

普通だとタブーという意識があって

難しいことかもしれません。

 

しかし何事にも準備や心構えが

必要なものです。

 

その時になって

慌てふためくことがないように

こちらの記事を参考にしていただければ

幸いです。

 

【他のおすすめ記事】
お年玉なんでお正月にあげるの?意味と由来しらべてみました
初詣参拝者数 ランキングベスト10 人気スポットご紹介【関東編】
初詣での意味や由来知っていますか?お寺に行く?それとも神社に行く?
敬老の日のプレゼント迷いますよね?おすすめの品10選。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ