仕事ができる人?できない人?の特徴を5つの事象から検証してみました。

あなたの周りに

「仕事ができる人」

「仕事ができない人」って

いますよね。

 

そこで

周囲の「仕事ができる人」と、

「仕事ができない人」とを比較して、

特徴的な違いを5つにまとめてみました。

 

あなたが「仕事のできる人」なのか

「仕事ができない人」なのか

確認していただければと思います

スポンサードリンク

1.「他人に評価される」か、「自分で評価する」か

120def697f48ab695e43eff403307195_s

仕事は自分一人だけでなく

他人が関わるものですので

能力とは他人に評価されるものでは

ないでしょうか。

 

「仕事ができる人」というのは

他人の評価が高い人と言えるのでは

ないでしょうか。

 

いくら自己評価が高くても

周りが自分の思うように

言うことを聞いてくれないのなら

自分が周りに認めてもらえてない

つまり、「仕事ができない人」と

認識されていると

素直に認めなくてはなりません。

 

そこで、仕事ができないことを

受け入れることは

自己評価が高ければ

高いほど難しいかもしれません。

 

そこで自分が

仕事をできないことを

受け入れることができなくては

負のスパイラルに

陥ってしまいます。

 

そのような事態を避けるには

自分を客観視する視点を

持つことが必要です。

 

それにより目標が

明確になり、そこへ

自分を近ずける為に

どうすればいいかがわかり

そこに近ずけることで

自然と周りの評価も

ついてくるはずです。

 

 

2. 「仲間を増やそうとする」か、「勝手に孤立する」か

f1fb0f191f77e13bd362927479a09cae_s

仕事においてコミニュケーションが

重要なのは言うまでも有りません。

 

前述したように

自分の評価は他人が決めるものです。

「仕事ができる人」は総じて

会社内では人望を

会社外では人脈を得ているものです。

 

人間は仕事だと利害なしでは

なかなかリアクションしないので

仲間を増やしたいなら

まず自分からたくさんの人の

仲間になることが

効率的な方法と言えます。

 

一方で「でも」「だって」「わかってます」

「どうせ」などの言葉を多く使った場合

周囲の雰囲気が悪くなり

仲間は集まりません。

 

他にも仲間内のルールを守らない

ことでそのことを指摘されて

不機嫌になったりするのは

自分から勝手に孤立しに

行っているようなものです。

 

 

孤立してしまうことで

自分が「仕事ができない人」と

認識されてしまった場合、

仕事の内容が悪くなくても

さらに孤立してしまう

ことにもなりかねません。

 

周囲は味方につけることが

「仕事のできる人」の

評価につながることも

心得ておくことが必要です。

 

 

3. 「問題を解決しようとする」か、「問題を否定するだけ」か

0c240310213236dd51eab4d5c24fb432_s

例えば「仕事の先行きが見えない」という問題が

あったとして「仕事の先行きが見えないからダメだ」と

思うのか、

「どうすれば仕事の先行きが見えるようになるのだろう」と

考えるのかで、自分のすべきことや

職場環境の改善の速度も大きく変わるのでは

ないでしょうか。

 

「仕事のできる人」ほど

自然とこのような発想ができて

問題解決をすることで

さらに評価が上がるという

良いサイクルを

生み出すことができるように

思われます。

スポンサードリンク

 

4. 「逆算思考をする」か、「積み上げ思考をする」か

 

何かを行う場合の

施工方法には「逆算思考」と

「積み上げ思考」の二つがあります。

 

「逆算思考」は

あらかじめゴールを設定しておいて

逆算してスケジュールを組む方法です。

 

例えば新しいシステムの導入であれば

運用開始の時期がいつなので

いつまでにテストを完了しておこう、

その為にはいつまでに

試作品を完成させて、

というように逆算して

物事を考える方法です。

 

積み上げ思考は、

仕事を行いながら実際にできたものを

積み上げていくやり方です。

 

試作品ができたから次はテストをしようと

いうように結果を積み上げていき

結果としてそれが工程となる

やり方です。

 

つまり、積み上げ思考では

現状をスタートとし、

できる範囲で物事を考えます。

 

一方、逆算思考は

理想や期待から出発し、

それを実現するにはどうしたらいいかを

考え仕事を行います。

 

そこには改善や工夫、想像という

ことが必要になってきます。

 

逆算思考の方が

仕事の伸び幅が大きい為

「仕事ができる人」ほど

逆算思考で仕事を行っている

傾向にあると思われます。

 

5. 「誰かに仕事を任せる」か、「仕事を属人化させる」か

51bd33d7a86f6ad5796a71097544feae_s

「誰かに任せる」より

「自分でやった方が早い」と

思うのはよくあることです。

 

しかし、それが繰り返されて

起きる仕事の属人化は、

むしろ周囲にとって

あまりいいことでは有りません。

 

つまり、

「これはあの人にしかできない」と

いう仕事が増えるほど、

その人物への負担が増え、

組織としても

生産性のボトルネックになりかねません。

 

「自分でやった方が早い」という考えは

仕事の属人化を進めます。

将来を考えて、

誰かに仕事を任せることは

「仕事のできる人」の

特徴の一つと言えるとおもいます。

 

他の人に仕事を任せるのは、

自分でその仕事をするよりも

大変な作業かもしれません。

 

仕事を他の人に任せるには

その仕事をよく理解し、

任せる人にわかりやすく説明

することが求められます。

 

つまり、仕事を自分で早くできることより

誰かに仕事を任せることができる人の方が

「仕事をできる人」ということが

できるとおもいます。

 

 

自分一人が仕事を抱え

頑張るだけでは

自分も周囲も成長が有りません。

 

そのことは残業や休日出勤にも

つながります。

 

繁忙期でもない限り

業務時間内に仕事が

終わらないことは

「仕事ができない人」と

思われる理由になりかねません。

 

【まとめ】

いかがですか?

自分はどちらでしたか?

胸を張って自分は

仕事ができるという人は…。

少し危険かもしれません。

 

仕事ができるというのは

他人の評価も重要だからです。

 

【他のおすすめ記事】

職場恋愛で男性の脈あり、脈なしを見極める大事なポイント5つ!
宴会のカラオケで間違いなしの定番曲!9曲選んでみました【画像あり】
年上男性の脈ありサインみのがしていませんか?特徴を6つご紹介します。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ