「あさが来た」ヒロインあさの生家のモデルになった三井家を調べてみました。

NHK連続テレビ小説 あさが来た 上
NHK連続テレビ小説 あさが来た 上

NHK朝ドラ「あさが来た」大人気ですね。

そこで

ヒロイン今井あさ(白岡あさ)の生家

京都今井家のモデルになった

三井家について気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

京都の豪商、今井家は三井家がモデル

文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 (潮文庫)
文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 (潮文庫)
あさが生まれた京都今井家は

代々呉服屋と両替商を営んできた

京都の豪商という設定です。

 

朝ドラ史上の中でも屈指の

お嬢様ヒロインです。

 

この今井家のモデルの三井家は

ヒロインあさのモデルである

女性実業家広岡浅子の生家です。

 

現在の「三井グループ」の名前は

よく聞くかと思いますが

浅子の生家はこの三井一族の

一員でした。

三井十一家のひとつ、油小路三井家

浅子の生家は

「京都・油小路三井家」あるいは「出水家」と

呼ばれ、明治維新後に東京小石川に移ったことから

小石川三井家とも呼ばれます。

 

「油小路三井家」は三井家の祖である

三井高利の10男高春の家系で

浅子の父高益は高春から数えて6代目の

当主でした。

 

「三井家」の源流は、

平安時代と言われていて

とても古い名家です。

 

その後、伊勢松坂から出て

江戸と京都で「三井越後屋呉服店」を

開き類稀な詳細を持った三井高利が

祖となり高利の11人の子供11人によって

「三井十一家」が形成されます。

 

高利の残した家訓により

十一家が互いに守り合う「大元方」という

制度を守ります。

 

財産は子供達に分配せず

一族共有のものとし、

商いも一族共同で行い、

複数の事業、店舗で

リスクヘッッジし、

一族を守るシステムを

作り上げました。

スポンサードリンク

三井銀行、旧三井物産、三越など

時空旅人 別冊 「広岡浅子が生きた時代」 (SAN-EI MOOK 時空旅人別冊)
時空旅人 別冊 「広岡浅子が生きた時代」 (SAN-EI MOOK 時空旅人別冊)

高利の代から続く、

「越後屋呉服店」と「両替商」を主な

家業とし江戸時代を通じて

三井家は繁盛しました。

 

明治維新以後は日本の近代化

により三井家も新しいビジネスが

家業の中心となっていきました。

 

幕末に倒幕運動が盛んになると

三井家は情報収集し、

明治新政府側に勝機があると

判断し、倒幕側に資金を提供します。

 

こうした時代の先読みがあたり

三井家は新政府から

「三井組御用所」(御為替方御用所)の

役割を引き受けました。

そしてのちに小野組とともに

日本発の銀行「第一国立銀行」を創設します。

 

明治9年には明治政府の認可をえて

日本発の民間銀行「三井銀行」

(現在の三井住友銀行)を開業します。

 

また「旧三井物産」(法的には、現在の三井物産とは

継続性はなく別の企業体)、「三井越後屋呉服店」の

流れを汲む「三越呉服店」(現在の三越伊勢丹)なども

三井家・三井グループから生まれた

企業として知られています。

 

【まとめ】

ドラマ、「あさが来た」では

あさが嫁ぐ「白岡家(加納屋)」

はつが嫁ぐ「眉山家(山王寺屋)」

そして生家の「今井家」と

名家三家がそれぞれ、

明治維新という時代の荒波の中で

どう描かれるのか、が注目されます。

 

 

史実でも江戸時代からの多くの豪商が

明治維新の政治・経済の変化に対応できず

没落していきました。

商いには大変厳しい時代だったことが

伺えます。

 

【他のおすすめ記事】
NHK朝ドラ『あさが来た』モデルの広岡浅子はとんでもない人だった?
NHK朝ドラ「あさが来た」の原案小説を読んでみました。驚きの内容と感想

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ