お正月の伝統的な遊び。それぞれの遊びに意味があるのを知っていますか?

お正月といえば

年賀状、お年玉、おせち料理など

いろいろあります。

 

お正月ならではの

昔から伝わる

遊びもたくさんありますよね。

 

・福笑い

・百人一首

・いろはかるた

・羽根つき

・こま回し

などです。

 

小さな頃、ほとんどの方が

やったことがあるのでは

ないでしょうか。

 

その一つ、一つには

それぞれ意味があります。

 

今回は、正月の遊びの

意味や由来について

紹介していきたいと

おもいます。

 

スポンサードリンク

正月の遊び【部屋の中】

 

福笑い

650e397ccab3c3f3a372a7be26ff19c9_m

福笑いはおたふくやおかめの

輪郭が書かれた紙に

目、鼻、口などを

目隠しをして

正しく置くことができるか

を楽しむ遊びです。

 

福笑いの起源は

はっきりわからないのですが

完成した顔を

見たときに笑ってしまうので

「笑う門には福来る」から

新年の幸運を祈願する意味で

正月におこなわれるように

なったようです。

 

江戸時代後期から遊ばれるようになり

明治時代には

お正月の遊びとして

定着したようです。

 

今では、アニメキャラクターなどの

福笑いもあったりしますので

お子様と一緒に楽しめると思います。

 

・百人一首

110987

百人一首はかるたとして有名ですよね。

正月の遊びとしても

馴染み深いと思います。

 

冬休みの宿題などで

百人一首の和歌を

覚えたなんて人も多いのではないでしょうか。

 

もともと百人の和歌を

集めた和歌集とも言えます。

 

百人一首が正月の

風物詩になったのには

特に理由はないようです。

 

子供や若者たちが

集まって遊ぶ際に

よく用いられたためと考えられます。

 

特に正月は子供達の夜更かしが

許されることが多かったため

室内の遊びとして広まったようです。

 

 

・いろはがるた

百人一首と同じように

子供達が集まると

行われていました。

いろはがるたは

様々なことわざが使用されているので

遊びながら、ことわざが

覚えられて一石二鳥です。

 

・双六(すごろく)

06e3efba4fa3b31cc49de6f1f622f9e6_s

サイコロを振って出た目で

こまを進め上がりを目指す

遊びです。

 

一般的に正月に遊ばれる

双六は極楽浄土への

道筋をしました

「浄土双六」がルーツと言われています。

 

そこから変化して

東海道五十三次の

「道中双六」も普及しました。

 

徐々に偉くなっていく

「出世双六」が人気となり

近年では「人生ゲーム」が

人気があります。

 

人生ゲームは大人が

遊んでも盛り上がりますね。

 

スポンサードリンク

正月の遊び【屋外]

・凧上げ

40c1afce4f55a19cf6358e490db6f78a_s

凧上げはもともと

中国の占いや戦の道具としての

起源と言われています。

 

そしてそれが

貴族の遊びとして

日本に伝わってきました。

 

江戸時代には

男が生まれると

お祝いとして凧上げをしたそうです。

 

その後「立春の季に空に向くは養生のひとつ」

といわれるように、

旧暦の新年である立春に

空を向く遊びとして広まりました。

 

このことから

正月に凧上げをすることは

その年を元気に過ごせるように

願いを込めて上げるようになりました。

 

また凧に願いを込めて

天に届けるという意味も

あるそうです。

 

・羽根突き

1ebdd7ae2184f350f7f04d80037a81e8_s

羽根つきは羽子板を使って

クロムジのみでできた

羽をつく遊びです。

 

お正月に羽根つきをすることは

一年の役をはねのけ、

子供の健やかな成長を

願うためと言われています。

 

使われるクロムジの実は「無患子」と書き、

「子供が患うこと無し」という意味を持つ

ものです。

 

 

羽根つきをミスすると

顔に炭を塗るのは

魔除けのおまじないだそうです。

 

そのため、

女の子が生まれて初めての

正月には羽子板を

飾るという風習も

生まれました。

 

・こままわし

c29da3f8604072b230a872c397a83e36_s

こままわしは

もともと縁日の余興として

行われていました。

 

こまを使う

曲芸師は人気の的でした。

 

そのうち

こままわしはお正月の

定番の遊びとなりました。

 

こまを長く回せば

勝ちというだけでなく

激しくぶつけて戦ったり

子供達は自分の技術を

競うようになりました。

 

まっすぐに芯が通っているので

その回る姿から

「お金が回る」という意味もあるそうです。

 

そのため

お正月にこまをまわすと

縁起がいいと言われています。

 

【まとめ】

どうでしょうか?

 

近頃では

遊びといえば

テレビゲームや、携帯ゲームが主流ですが

正月ぐらいは

子供達にこのような

昔ながらの遊びを

進めてみてはいかがでしょうか。

 

日本の伝統を保護することも大事です。

 

お正月の遊びなら

大人が子供

教えてあげることも

できるのではないでしょうか

【他のおすすめ記事】
お年玉の意味と由来知っていますか?気になったので調べてみました
初詣での意味や由来知っていますか?お寺に行く?それとも神社に行く?
年越そば大晦日にたべますよね。以外と知らない意味や由来教えます

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ