M−1グランプリが今年復活!歴代優勝者をまとめてみました【後編】

2015年冬

お笑いの漫才コンテスト

「M−1グランプリ」が戻ってきます。

 

お笑いファンの私としては

今から決勝が待ち遠しくてたまりません。

 

現在3回戦が行われ

決勝は年末に行われます。

 

そこで復活を記念して

後編は第6回2006年から

第10回2010年までの

チャンピオンをまとめてみました。

 

前編はこちら↓
M−1グランプリが今年復活!歴代優勝者をまとめてみました【前編】

スポンサードリンク

M-1グランプリ過去のチャンピオン

第6回2006年(参加組数:3922組)

チュートリアル(吉本興業)

チュートリアリズムIII [DVD]
チュートリアリズムIII [DVD]

徳井義実と福田充徳によるコンビです。

1998年結成ですが

二人は5歳からの幼馴染だそうです。

 

幼稚園から予備校まで

同じ学校の同級生だったそうです。

 

ここまで幼馴染みのコンビも

珍しいのではないでしょうか。

 

この優勝した年の前年決勝5位になっており

優勝候補として名前が挙がっていました。

 

そして前評判通り見事優勝!

優勝してから人気が出たため

東京に移りました。

 

この二人は周囲から

「ホモ疑惑」があがるほど

仲の良いコンビとして有名です。

 

その後の活躍は皆さま知っての通りです。

 

第7回2007年(参加組数:4239組)

サンドウィッチマン(フラットファイブ)

サンドウィッチマン ライブツアー2012 [DVD]
サンドウィッチマン ライブツアー2012 [DVD]

 

伊達みきお富澤たけしからなるコンビ

1998年結成。

 

仙台商業高校ラグビー部で

出会ったのが結成のきっかけです。

 

最初のころサンドウィッチマンは

3人組だったそうです。

脱退した浜田ツトムさんは

現在「花火」というコンビで

活動されています。

 

この年は覚えていらっしゃる方も

いるかもしれませんが

サンドウィッチマンは

敗者復活から見事に優勝しました。

 

これは大会史上初の

快挙でした。

 

吉本興業以外の優勝は「ますだおかだ」

「アンタッチャブル」に続き3組目でした。

 

敗者復活からの優勝、

小さな事務所所属での優勝ということで

多くの芸人に夢を与え、

自らも大きなチャンスをものにした

コンビだと思います。

 

その後二人の活躍は

ご存知だと思います。

そして東日本大震災の復興支援を

行っていることでも有名です。

 

第8回2008年(参加組数:4489組)

NON STYLE(よしもとクリエーティブエージェンシー東京)

NON STYLE NON COIN LIVE in さいたまスーパーアリーナ 初回盤 [DVD]
NON STYLE NON COIN LIVE in さいたまスーパーアリーナ 初回盤 [DVD]

 

石田彰と井上裕介からなるコンビです。

2000年結成です。

 

2004年ごろから

多くの新人賞を獲得し、

着実にキャリアを積み重ね

ついにM−1チャンピオンにまでなりました。

 

そして次の年の2009年にも

連覇を目指し決勝まで進み

見事に3位になりました。

 

見た目が気持ち悪いと

言われるお二人ですが

このことは最高に格好良いと思います。

 

今年再開されるM−1にも

結成15年目ですので

参加資格があり

参加が注目されましたが

参加されなかったことは

少し残念です。

スポンサードリンク

第9回2009年(参加組数:4629組)

パンクブーブー(よしもとクリエイティブエージェンシー東京)

恋のパンクブーブー
恋のパンクブーブー

 

佐藤哲夫と黒瀬純の二人からなるコンビです。

2001年結成です。

 

二人とも九州出身のコンビです。

 

正直最近お二人のこと

テレビでは見ないですよね。

 

しかし次の年も3位

そして「THE MANZAI2011」で優勝と

漫才の腕は現在日本一といっても

良いのではないでしょうか。

 

今後、時間差でブレイクも

あるかもしれませんので

みなさま注目してあげてください。

 

第10回2010年(参加組数:4835組)

笑い飯(よしもとクリエイティブエージェンシー大阪)

笑い飯全一冊 ( ヨシモトブックス ) (geinin zen issatsu series)
笑い飯全一冊 ( ヨシモトブックス ) (geinin zen issatsu series)
西田幸治と哲夫の2人からなるコンビです。

M−1グランプリといえば

彼らを思い出す方も

多くいらっしゃるのでは

ないでしょうか。

 

2000年結成の彼らですが

結成2年目の第2回2002年から

第10回2010年まで

9回連続で決勝進出していて

しかも全て5位以内に入っています。

 

まさにM−1の申し子と

言えるのではないでしょうか。

 

そしてついに

第10回2010年にチャンピオンになりました

まさに悲願達成だったのではないでしょうか。

 

Wボケという斬新な漫才スタイルです。

彼らにしかできない漫才かもしれません。

 

 

【まとめ】

第1回2001年から第10回2010年までの

優勝者どうでしたか。

面白いのは間違いないですが

芸人として優勝をすることで

有名になったコンビばかりです。

 

第1回から10回までは

「結成10年まで」だった参加資格が

今年からは「結成15年まで」と

なりました。

 

新人の大会という印象があった

M−1ですがこれで

新人から中堅まで少し幅が広がりました。

 

今まで女性コンビの優勝が

ないので個人的には

女性コンビに

頑張って欲しいと思っています。

 

【他のおすすめ記事】
M−1グランプリが今年復活!歴代優勝者をまとめてみました【前編】
NHK朝ドラ『あさが来た』モデルの広岡浅子はとんでもない人だった?
福山雅治、千原ジュニアに続け!40代男性が結婚する方法6つ教えます。
キングオブコント2015優勝予想!このコンビが優勝する?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ