NHK朝ドラ『あさが来た』モデルの広岡浅子はとんでもない人だった?

2015年9月28日から

新たにNHK朝ドラ

『あさが来た』の放送がスタートしました。

文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 (潮文庫)
文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 (潮文庫)

今回のNHK朝ドラは、

前回の『まれ』のような

現代劇とは異なり、

NHK朝ドラ史上、

初の幕末スタートのドラマとして

描かれています。

 

そして当然、

このNHK朝ドラマ

『あさが来た』にはモデルがいます。

 

そのモデルは、

日本初の女子大学の創設に

携わった人物だということですが、

はたして一体誰なのでしょうか?

スポンサードリンク

『あさが来た』のモデル広岡浅子は日本初のキャリアウーマン!?

広岡浅子徹底ガイド おてんば娘の「九転び十起き」の生涯
広岡浅子徹底ガイド おてんば娘の「九転び十起き」の生涯
本記事では、NHK朝ドラ

『あさが来た』にまつわる、

気になる情報をご紹介したいと思います。

 

NHK朝ドラ『あさが来た』が、

遂に放送スタートしました。

 

今回のNHK朝ドラ『あさが来た』は、

歴史上の人物をモデルとした

時代物のドラマとなっています。

 

幕末の京都を舞台に、

そこから明治・大正と長き時代を生き、

キャリアウーマンとして

男性社会の中でも堂々と生きてきた

女子大学の生みの親である

広岡浅子さんの半生をモデルとした、

今の時代にぴったりな

ドラマとして描かれています。

 

もちろんまだ放送が

始まったばかりですから、

彼女の凄さが分かることはまだ無く、

ただのお転婆な女の子という印象ですが、

その性格が、

後々世の女性の生きる力として

大きく展開され、

今の女性の社会進出にも繋がる

礎となっていくのでしょう。

 

さて、みなさんは、

ドラマ『あさが来た』のモデルとなった、

広岡浅子さんという人物が

どういう方なのかご存知でしょうか?

 

『あさが来た』のモデル広岡浅子はとんでもない人!?

広岡浅子 新時代を拓いた夢と情熱 (新人物文庫)
広岡浅子 新時代を拓いた夢と情熱 (新人物文庫)
実は、ある種とんでもない人物で、

先ほどお話した、

日本初の女子大学設立者であると同時に、

生命保険会社である

大同生命の創設にも携わり、

鉱山と銀行の経営にも携わったという

生粋の実業家なのです。

 

元々彼女は、

父親に厳しくしつけられ、

琴や茶道など、

女性としての嗜みを身につけさせ、

一方商売に関しては何一つとして、

しつけられて来ませんでした。

 

では、広岡さんは、

どのようにしてキャリアウーマンに

なっていったのでしょうか?

 

それは、彼女の性格も大きく影響しています。

実は、冒頭でも少し触れましたが、

彼女は幼い頃からお転婆な性格だったらしく、

とにかく女の子として

厳しくしつけられていたものの、

時折親のしつけに従わず、

平気で活発に外で

男の子たちと群れて遊んでいたそうです。

スポンサードリンク

ドラマでも、

凧を自分にくくりつけ木から飛び降り、

鳥のように空を飛ぼうとしてみたり、

大人たちと相撲を取り、

遊んでみたりと、

もう見るからにお転婆な

様子が描かれています。

 

どこまでが、事実なのかは、

モデルとなった広岡浅子さんの当時を

知っているわけではないので、

よく分からないところもありますが、

男勝りな世界の中でも

堂々と渡り合っていたところを見ると、

やはり、かなりお転婆で、

男勝りな一面を持つ女性だったのは

間違いなさそうです。

 

彼女がキャリアウーマンに

なっていった背景ですが、

実は、許嫁のところに嫁いだ頃、

17歳だった彼女は、

幕府崩壊の影響をもろに受け、

9百万両という巨大な大名貸が返済されず、

大阪の両替商が

軒並み倒産するという事態に遭遇します。

 

それはもう、とんでもない事態でしたが、

それでも彼女の旦那は、

全く他人事のように、

『金儲けは性に合わん』と

三味線などを引きながら遊び歩く毎日。

 

そこで、『旦那は頼りにならん』と、

浅子は、借金取りのようなことを繰り返し、

少しでも両替商たちから借金を返済させ、

窮地を脱出しました。

 

そして、

さらに簿記、算術、経済、法律と、

商売に関する必要な学問を

全て独学で学んでいくのです。

 

幼い頃からのお転婆で

男勝りな性格が、

浅子を奮い立たせ、

この頃にキャリアウーマンとしての

礎が出来上がったようです。

 

そして、これらのスキルを生かして、

鉱山・銀行を経営しながら

実業家として歩き出し、

やがて、大同生命設立や、

日本初の女子大学の設立に

携わっていったと言われています。

 

おそらく、今回の朝ドラ『あさが来た』でも、

そんなモデルとなった

広岡浅子さんの半生が描かれていくと

思いますので、

いろんな意味で楽しみに

しながら観ていきたいと思います。

 

『あさが来た』のモデル広岡浅子が創設した女子大学は何大学?

 

朝ドラ『あさが来た』の

モデルとなっている広岡浅子さんは、

日本初の女子大学創設に携わっています。

近年では”ポン女”という呼び名で知られている、

日本女子大学が、

モデルの広岡浅子さんが

創設に携わった日本初の女子大学だったのです。

歴史と伝統のあるすばらしい女子大学です。

 

【まとめ】

広岡浅子さんは、

生まれた時代背景のせいもあり

とにかく昔のしきたりなのか、

女性は勉強などしなくていいと

言われながら生きてきました。

 

自身が受けてきた教育に対する反発なのか、

今の社会情勢と同じように、

女性が多くのことを学び、

その力を存分に発揮して

世の中を変えていくべきという

その思想を持って

日本女子大学を創設したそうです。

 

そんな一面も、

NHK朝ドラ『あさが来た』後半、

もしくはラスト辺りで、

映しだされていくと思いますので、

どのようにして映像化していくのか

今後に期待してみていきたいと思います

 

【他のおすすめ記事】
吹石一恵以外にもこんなにいた!プロ野球選手の2世タレント
福山雅治、千原ジュニアに続け!40代男性が結婚する方法6つ教えます。
キングオブコント2015優勝予想!このコンビが優勝する?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ